03-3776-2220

メールでのお問い合わせ,大森山王の大木皮膚科

〒143-0023 東京都大田区山王2-5-1 [交通案内]/大森駅北口徒歩1分

アトピー治療,大人,症状,原因,治療薬,顔,東京都,大田区,品川区,アトピー性皮膚炎 -大木皮膚科、大森駅北口より徒歩1分-

Mobile

スマートフォンサイトはこちら
(スマートフォン専用)

大木更一郎Drブログ,大田区大森,皮膚科
 

トップページ»  治療のご案内»  アトピー性皮膚炎»  アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の治療薬

アトピー性皮膚炎の治療薬

 

外用剤による治療


・ステロイド外用剤(副腎皮質ホルモン剤)
ステロイド外用剤,大田区,皮膚科,アトピー 現時点においてアトピー性皮膚炎の皮膚に生じる炎症を直接十分に鎮静化し、有効性と安全性が科学的に立証されているのはステロイド外用剤とプロトピック軟膏のみです。皮疹の重症度に見合った適正なランクのものを外用する部位に応じて使用することで皮疹をすみやかに消退させる、とても有効なお薬であると言えます。
注意することは、ステロイド外用剤はアトピーを治す(完治させる)お薬ではないということです。しかし現在のところ、アレルギーによる皮膚の炎症を押さえるのに有効なお薬が他にないため、あくまで対症療法として用いられると考えるべきでしょう。
大切なことはステロイド外用剤のみに頼った治療を行わないことです。適切なスキンケアと保湿を行うことでステロイドの使用量を最低限に減らせると考えます。
(アトピー治療,大人,症状,原因,薬/皮膚科,東京,品川区,アトピー性皮膚炎・大田区大森/大木皮膚科)

 

ステロイドの副作用とは?
 アレルギーを抑える代わりに免疫や細胞の成長なども抑制されます。長期、大量の使用によって皮膚菲薄化、毛細血管拡張などが出ますが、通常の使用量で起こることは少なく必要以上にステロイドをこわがらないことも大切と思います。一方、顔面、胸背部に関しては皮脂腺が発達しており、ステロイド外用剤のみでは症状が悪化したり、赤みが消退しない体質がある方もいるようです。

ステロイド外用剤の作用・副作用につきよくある質問をまとめました。アトピー性皮膚炎で当院を受診される方は前もってステロイド外用剤の作用と副作用もご覧ください。

慢性化した湿疹の治し方・ステロイド外用の重層法の動画をアップしました。当院で、良くおこなう軟膏外用指導ですので、治療のご参考にされてください。



・プロトピック軟膏(タクロリムス)
筑波山の土壌より分離された放線菌より取れた免疫抑制剤の一種です。当初、臓器移植などの免疫抑制として用いられてきましたが、外用剤としての開発が進みアトピー性皮膚炎にも用いられるようになりました。分子量が大きく、正常皮膚からはほとんど吸収されないためステロイドのような皮膚菲薄化が出現しにくいのが特徴です。当初、顔面に対して副作用が出にくいと考えられてきましたが、最近では体の皮疹に対しても有効性が報告されています。


・保湿剤
保湿剤,大田区,皮膚科,アトピー 乾燥した皮膚は、表面が荒れて小さなキズがたくさんついているのと同じ状態です。保湿の基本はワセリン基剤(プロペトなど)で、肌の状態が回復するに従ってヘパリン類似物質(ヒルドイド、ビーソフテン)や尿素軟膏(パスタロン、ウレパール)なども併用します。アトピーの患者さんでは、皮膚の角質バリア機能が通常の方より低く乾燥肌となりやすいため、しっかりした保湿とスキンケア
を行っていくことが治療の基本です。
 

・非ステロイド外用剤
アンダームなどの非ステロイド系の軟膏は、現在はアトピーの方では高頻度に接触アレルギーを起こすことが知られており、皮膚科では使用することは少ないようです。

 

内服薬等よる治療    


・抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤
抗アレルギー剤には、今ある痒みを止める作用と、飲み続けることで痒みを出にくくする作用も期待されます。湿疹を夜掻き崩してしまうなど、痒みが強いときはかゆみをコントロールするために使った方が良いでしょう。アトピーの治療で皮疹を改善させるのは、あくまで外用療法が基本となります。

痒みの程度とねむけの出やすさによりお薬を選択することができます。

 

漢方治療
乾燥肌体質(ドライスキン)とアレルギー体質、環境因子(ストレス、食生活など)が複雑に絡み合って発症するのがアトピー性皮膚炎です。通常のステロイド外用、保湿のみで改善がみられない方でも、漢方薬で改善の見られることもあります漢方治療では症状や体質に応じて、10数種類の方薬を使いこなすことが必要になります。

 

・紫外線療法
中程度以上症状のアトピー性皮膚炎で、外用のみでコントロールが悪い方にナローバンドUVBが適応になる場合があります。紫外線照射により痒みがコントロールされるため、痒みによる掻破が減るようです。痒みの強い痒疹結節にはエキシマライトも適応になります。
※ナローバンドUVB,エキシマライトについては、ナローバンドUVB、エキシマ(乾癬・白斑・円形脱毛症)もご覧ください。


・免疫抑制剤
シクロスポリンなどの免疫抑制剤が使われることもあるようですが、紫外線治療との併用はできません。

 

ストレス管理(環境因子) 


普段から良く睡眠をとり、ストレスを貯めないよう工夫する。ストレスによるアトピー悪化,大田区,皮膚科,アトピー
食生活の改善を心がけ、栄養バランスの良いものをきちんと取る(乳酸菌や新鮮な魚なども良いとされる)。※良くない例) 夜更かし、過度のストレス・糖類、コンビニ弁当、ハンバーガーなどの外食など
・アトピーには症状の季節変動があるので、花粉、季節の変わり目などは早めに治療を行っておく。

 

 

・ハウスダスト、ダニやカビなどのアレルゲンに対してどれくらい過敏なのかどうかを血液検査(非特異的IgE、TARCなど)で調べることができます。当クリニックにおいても、アレルギーの血液検査を行っております。お気軽にご相談ください。

※成人型の大人アトピーでは、ダニ、ハウスダスト、花粉などに対して強い反応が出る方が多いようです。
※まえもって、アレルギー検査についてを良くお読み頂きご希望の検査を絞り込んでから受診して頂けますと幸いです。アレルギー検査は保険適応で5000~6000円くらい掛かりますので、せっかく検査をしてもまったく反応がでなくては意味がありません。

 

・食べ物に関しては、とくにアレルギーを起こす物がある場合のみ避けた方が良いでしょう。血液検査のみ
では100%で診断することはできないようです
。「どんな時に痒くなるか」、「どんな食べ物を食べると痒くなるか、などをメモを取って頂き、アトピーの原因を絞り込みます。 
(アトピー治療,大人,症状,原因,薬/皮膚科,東京,品川区,アトピー性皮膚炎・大田区大森/大木皮膚科)
 

 

 


アトピー性皮膚炎の治療目標・原因とはなんでしょうか?
 

当院の特徴,アトピー,水虫,いぼ、巻き爪治療

アトピー性皮膚炎 にきび・肌荒れ 水虫・爪水虫
いぼ・シミ ほくろ除去・小手術 巻き爪・魚の目
小児皮膚科 その他皮膚疾患 ナローバンドUVB、エキシマ(乾癬・白斑)
漢方治療 美容皮膚科 AGA・男性型脱毛