03-3776-2220

メールでのお問い合わせ,大森山王の大木皮膚科

〒143-0023 東京都大田区山王2-5-1 [交通案内]/大森駅北口徒歩1分

アトピー治療,大人,症状,原因,治療薬,顔,東京都,大田区,品川区,アトピー性皮膚炎 -大木皮膚科、大森駅北口より徒歩1分-

Mobile

スマートフォンサイトはこちら
(スマートフォン専用)

大木更一郎Drブログ,大田区大森,皮膚科
 

トップページ»  治療のご案内»  アトピー性皮膚炎»  Q&A アトピー性皮膚炎の治療・生活上の注意点を教えてください。

Q&A; アトピー性皮膚炎の治療・生活上の注意点を教えてください。

Q&A; アトピー性皮膚炎の治療・生活上の注意点を教えてください。

 アトピーはどうしたら良くなるのでしょう?

 アトピー性皮膚炎治療のガイドラインでは、薬のよる治療、悪化要因の検索除去、スキンケア「3つの治療の柱」としていますが、ストレス対策も大切です。
ステロイド塗布,大田区,皮膚科,アトピー
1,薬による治療
・外用剤はざらざら感やぶつぶつが取れるまでちゃんと塗り短期集中でしっかり治す。
・内服治療で抗アレルギー剤や漢方薬、IPDなどを使い、痒みのコントロールをする。掻くとよけい悪くなる(痒みの悪循環)ので、汗をかいたら清潔なタオルでこまめに拭いたり、痒いときは氷嚢などで適宜冷やすと良いでしょう。
・コントロールが悪い場合は、紫外線療法を併用する場合があります。


2,悪化要因の除去
ハウスダスト,ダニ   下記のようなものが挙げられ無理せず少しずつ行いましょう。
・ダニ、ハウスダスト、花粉、ペットなどアレルギーの原因となりやすいものを遠ざける。
・アレルギー血液検査(特異的IgE)を行い、アレルギーを起こすものを取り除く。
・パッチテストを行い、化粧品、石鹸などかぶれを起こすものを除去。
・慢性痒疹や汗疱状手湿疹タイプは金属アレルギーも疑う。


3,スキンケア(バリア機能の強化)
熱い風呂や長時間お湯につかることで容易に皮脂は流れ出てしまうので避けること。
・石鹸は良く泡立てて使い、皮疹の悪化したときはぬるめのシャワーで洗い流すだけとする。
・シャンプー、石鹸は肌に合う敏感肌用のものを使用する。シャワーのみとする,大田区,皮膚科,アトピー
・特にナイロンタオル、スポンジでごしごし洗いすぎない。
・ワセリン、ヒルドイド、尿素などの保湿剤は入浴後早めの使用が効果的。
・洗濯物は良くすすぎ綿の肌着を使う、ヘアスタイルに気を付けるなど、
肌への刺激に注意。
・水仕事をするときはワセリンで肌を保護する。


4,ストレス管理(体調の自己管理)
・普段から良く睡眠をとり、週に1日はリラックスできる時間を持つ。
適度な日光浴、適度な運動を心がけ、タバコを控える。
栄養のバランスの良いものをきちんと取る(乳酸菌や魚なども良いとされる)。
・自分でメモを取り、どのようなとき悪くなるか把握する(アトピーは症状に波がある疾患)
・長期の旅行や転地療法が有効ともされます。

※どのような食生活・適度な運動を行えば良いかは、各々個人差があるようです。それぞれが工夫していく必要がありそうですね。

 

※アトピー性皮膚炎では、まず薬による治療やスキンケアをしっかり行い、悪化要因の除去やストレス対策も少しずつ行いましょう。 特に、環境因子(悪化因子)は個々の患者さんにより異なる場合があります。
※重症なアトピーの方は眼の擦りすぎによる白内障などの合併症に注意しましょう。 (アトピー治療,大人,症状,原因,薬/皮膚科,東京,品川区,アトピー性皮膚炎・大田区大森/大木皮膚科)
 

アトピー性皮膚炎治療への当院の考え

アトピーは完治させることが難しい病気です適切な外用剤・内服治療・スキンケアを行い、さらに患者さん自身が日常生活の改善を行っていくことで良い状態にコントロールしていくことができると考えます。
・アトピーも普通の湿疹も、個々の皮疹については治し方は変わりません!皮疹全体を診断するため、
特に初診では肌の状態をしっかり見てもらうようにしましょう。
皮疹が重症化するほど体調・気候変化の影響も受けやすく、またステロイド外用剤・保湿剤などの塗り分けが大切となるため、定期的な医院への受診が必要となります。
医師の判断により保険適応のあるエキス剤を使った漢方治療を併用いたします。

アトピーに対する考え
※アトピーに限らずアレルギー疾患は一般に放置すると、だんだん悪化する性質を持っています。余りに皮疹の状態が酷ければ大学などに紹介とさせていただく場合があります。
※当院では、個々の皮疹をコントロールするために頭・顔面・体など部位毎に塗り分けを行っていただいております。ステロイド外用剤はあくまで対症療法ですが、今皮膚にあるアレルギー性の炎症を押さえるためには必要なお薬です。
漢方治療が化膿体質の改善やステロイドのみで引かない赤みに奏功する場合もあります。



 アトピー性皮膚炎の治療に王道はありません。外用剤治療・日常生活の自己管理・スキンケアなどをしっかりおこない皮疹を良い状態にコントロールできた方のほうが長期的にアトピーが寛解していく印象です。
 
《ご自分の肌の状態を受け入れ治療に積極的な方ほど治りが良い!》

 

※特にアトピー性皮膚炎に関してはインターネット上にはさまざまな情報があります。もちろん全ての情報が間違っているわけではありませんが、安易な民間療法やアトピービジネスには注意しましょう。
 


【アトピー性皮膚炎関連情報】

アトピー性皮膚炎に関する情報 アトピー性皮膚炎の標準治療
アトピー性皮膚炎に関する情報 アトピー性皮膚炎の標準治療
アトピー性皮膚炎ドットコム  
アトピ-性皮膚炎ドットコム  
 
―コラム―
 最新の知見では、アトピー性皮膚炎の原因として、皮膚バリア機能の破綻、アレルギー性炎症の他に、細菌感染に対する抗微生物ペプチド産生の低下、黄色ブドウ球菌の外毒素による炎症増悪・IgE産生誘導、掻爬した皮膚細胞蛋白に対する自己抗体産生が起きると長期化するなどが考えられています。

※ナローバンドUVBが有効な理由は、上記の過剰な抗体産生を抑制することによるのでしょう。
※アトピー性皮膚炎で長期・定期的に通院されている患者さんで皮膚の状態が落ち着いてくると、保湿剤と一定量のステロイド外用のみで通年症状が落ち着いてしまう方がいらっしゃいます。
(アトピー治療,大人,症状,原因,薬/皮膚科,東京,品川区,アトピー性皮膚炎・大田区大森/大木皮膚科)
pegetop,アトピー,にきび,いぼ,巻き爪の大木皮膚科 
 

当院の特徴,アトピー,水虫,いぼ、巻き爪治療

アトピー性皮膚炎 にきび・肌荒れ 水虫・爪水虫
いぼ・シミ ほくろ除去・小手術 巻き爪・魚の目
小児皮膚科 その他皮膚疾患 ナローバンドUVB、エキシマ(乾癬・白斑)
漢方治療 美容皮膚科 AGA・男性型脱毛