03-3776-2220

メールでのお問い合わせ

〒143-0023 東京都大田区山王2-5-1 [交通案内]/大森駅北口徒歩1分

大田区大森駅の大木皮膚科・小児皮膚科 -ブログ記事一覧-

  • トップページ
  • 診察状況のご案内
  • お知らせ
  • 医師紹介
  • 当院のご案内
  • 治療のご案内
  • 交通案内
  • 初診の方へ
  • ステロイドよくある質問
  • リンク集

Mobile

スマートフォンサイト
(スマートフォン専用)

大木更一郎Drブログ
 

患者様満足度アンケート調査

大木皮膚科・大森駅北口すぐ
電話:03-3776-2220
住所: 東京都大田区山王2-5-1 田中ビル1F

 
※PCトップページは、左上の医院名をクリック
  
  ※スマホの方は下のスマホサイトをクリックしてください!

 

スマートフォンサイトはこちら
(スマートフォン専用)

トップページ»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1

ドクターズファイル 大木更一郎先生記事

ドクターズファイル掲載記事        大田区大森の大木皮膚科

《大田区大森の皮膚科・小児皮膚科/大木皮膚科》
◆ドクターズファイル掲載記事;大木更一郎先生より引用◆
  以前、ドクターズファイルの方が医院に取材に来られ、対応したときのものになります。残念ながら、有料契約を継続しなかったため、ドクターズファイルのホームページより削除されたものになりますが、ご参考にされてください。
 
ドクターズファイル掲載記事;大木更一郎先生

ドクターズファイル掲載記事;大木更一郎先生2

※ちなみに、提示された契約料は年間〇〇万円で、当院のHPの維持と同じくらいの金額になるそうです。
 とても、継続的に払える金額ではないのでお断りしました。
 (H30.4.1 文責 大木更一郎)
 

2018-04-01 21:37:05

コメント(0)

折りたたむ

巻き爪矯正装具研究所のブログ/ごあいさつ・大田区大森の大木皮膚科

巻き爪矯正治療研究室巻き爪って痛い!ですよね・・・爪がくるりと巻いてくい込んでしまったり、ジクジクして化膿したりすると、まともに歩けなくなってしまいます。
 当病院では痛くない巻き爪治療として各種ワイヤー矯正治療法にも力を入れており、ガター法や人工爪作成、さらにマチワイヤー、VHO巻き爪治療矯正、SH式巻き爪装具(Spring & Hook法;そがわ式)、BSスパンゲ、ペディグラスなど様々な方法を取り入れております。

 巻き爪の手術は皮膚外科(形成外科)の基本手技の一つであり、大学病院勤務時代には100数十例以上の手術治療も行ってきました。しかし、近年巻き爪は痛くなく・切らずに治す方法が主流となってきました。
 そのようなご要望に応えるべく、当院でも巻き爪矯正の技術を少しずつ増やしていきました。各種矯正治療法を学び、実際に治療している立場からどの矯正法がより効果的なのか?・・本ブログでは、それぞれのメリットなども含めご紹介していきたいと思います。

◆詳しくは下記当院ホームページをご覧下さい。
巻き爪治療 【東京巻き爪矯正研究所】 化膿した足趾の巻き爪対応

**********************************************************************
大木皮膚科では、

【巻き爪矯正専門外来】

・月,木午前中;担当 大木医師(平成27年4月~)
に行っております。
巻き爪治療は大田区大森の大木皮膚科 までお問い合わせください。

大木皮膚科
電話; 03-3776-2220 

2015-03-27 03:22:48

コメント(0)

折りたたむ

ブログのごあいさつ・大田区大森の大木皮膚科

大木更一郎医師こんにちは!
大木皮膚科院長に就任しました大木更一郎と申します。
当院は昭和48年1月に当方の父、大木更生前院長が大森山王の地に開院しました皮膚科クリニックで、長い間地元大森山王地域の皆様に支えられて診療を続けて参りました。このたび、父が高齢のため引退したのを契機に、平成27年4月より私、息子である大木更一郎が後継者として引き続き診療を行わせていただくこととなりました。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 わたくしは、大田区中央の生まれで中学に入ってから大森山王に移り住みました。母校である日本医科大学を卒業後、皮膚科学教室(形成外科斑)に入局し、26年間大学での診療を行ってきました。そして平成16年からは、父が病で休みがちとなったため、クリニックの診療も手伝ってまいりました。

 専門分野は皮膚外科(形成外科)ですが、地域の皆様のお役に立てるよう湿疹全般・アトピー性皮膚炎の治療、水虫、にきびなどの一般皮膚科の診療にも特に力を入れるようにしてきました。また、皮膚外科という特殊性から小児診療をする機会も多く得意としております。

 皮膚科診療の特色としてはアトピー・にきびなど体質や体調の関連する疾患も多いため、漢方診療の必要性を感じ10年ほど前より様々なセミナーに参加し勉強しながら、日常診療に取り入れるようにしております。

 元来の専門である皮膚外科と関連の深い分野(AGA、美容、紫外線、ほくろ除去(皮膚腫瘍)、巻き爪、いぼ)においては今まで培った技術を生かして、少しでも皆様のお役に立てればと思っております。

 当ホームページは2年前に立ち上げ、旧ホームページで足りなかった各疾患のご説明について、まとめたものです。皮膚科は夏季や週末・夕方はどうしても混み合ってしまい、個々の患者さんに充分お話に時間を取れないのが悩みです。各疾患のページを診察前・もしくは診察後に該当する項目を読んでいただくことにより、地域の掛かり付けの患者さんに少しでも治療に対する理解を深めていただき、治療のお役に立てればという思いから作成いたしました。(経営理念および基本方針1、4の実現)

本ブログでは、HP上で書き切れない疾患・診療に対する考え・情報・最新知見などを情報発信できたらと考えております。

大木皮膚科医院長
大木更一郎



2015-03-16 14:43:08

コメント(0)

折りたたむ

旧大木皮膚科

大木皮膚科 昔の写真 長年、通院いていただいた患者様、大変ありがとうございます。大木皮膚科は昭和48年に大田区大森,山王の地に開業し、当初、2Fにて診察を行っていました。平成19年4月より1Fに移転を行い引き続き診察を行っております。今後とも、よろしくお願いいたします。
 

 

移転前に撮影した、旧受付の写真です。入り口の位置は変わりましたが、ほぼ現在と同じレイアウトになっていました。

大木皮膚科 2階のソファ







旧待合室のソファです。2Fにあったため採光がよい待合室でした。

 






  階段にあった案内板です。狭い階段であったため大変ご迷惑をおかけしました。同じ字体が、新クリニック入り口の縦看板に使用してあります。

     

2Fにあった旧看板です。1F移転に伴い無くなりましたが、新クリニックの看板およびマイクリニックのホームページに同じ字体を引き続き使用しております。

平成21年9月21日 (OCN版旧大木皮膚科HP閉鎖のため、当ブログページに移動)

2015-02-13 00:57:33

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1